事務局
〒300-1272
茨城県つくば市茎崎447-8
 茨城県立茎崎高等学校内
 TEL 029-876-3778
 FAX 029-876-4712
 e-mail :
 

自然科学部ブログ

活動の様子を掲載します。
123
2019/11/02

令和元年度 茨高文連自然科学部 研究発表会を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
土浦第三高校にて,令和元年度 茨高文連 自然科学部 研究発表会を開催しました。
茨城県内の高等学校・中等教育学校から、物理7、化学9、生物9、地学3、ポスターのみ1の合計29件の研究発表が行われました。
午前中は口頭発表。スライドを使って工夫を凝らしたプレゼンが行われました。
午後からは写真のようなポスター発表のあと,筑波大学生命環境系助教の高橋真哉先生による基調講演がありました。

 
 

審査の結果,次の通り受賞作品が決まりました。
各部門で最優秀賞を受賞した研究作品は,2020年8月に高知県で行われる『第44回 全国高等学校総合文化祭 自然科学部門』に出展します。

■ 受賞研究作品一覧
 ◎ 物理部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞日立北高科学部アルギン酸バリウムゲル粒子による
自己駆動運動 2nd
全国高校総文祭出場へ
優秀賞並木中等科学研究部リングキャッチャーのシミュレーション
奨励賞土浦一高物理実験部3連成振り子の周期について 

 ◎ 化学部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞水戸一高化学部金属の酸化によるアボガドロ定数のずれの利用と評価全国高校総文祭出場へ
優秀賞日立一高化学部アゾ化合物の合成における安全な
ジアゾカップリング反応の確立

奨励賞水戸一高化学部有機溶媒下における光触媒作用へのラジカルの影響

 ◎ 生物部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞水戸一高生物同好会部線虫の連合学習における記憶の書き換え回数と
行動の関連性
全国高校総文祭出場へ
優秀賞並木中等科学研究部シロツメクサにおいて気孔開閉は
就眠運動機構に関与しているか?
ポスター部門で
全国高校総文祭出場へ
奨励賞水戸一高生物同好会部マイタケの子実体の成分が
出芽酵母の代謝に与える影響


 ◎ 地学部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞日立一高地学部茨城県会瀬海岸でみられた
4年間にわたる海浜地形変動とその要因について
全国高校総文祭出場へ
優秀賞土浦三高科学部ケフェウス座δ星の光度変化に伴うスペクトルの変化
-- 70mm プリズムで捉えられるのか --

奨励賞土浦一高地学部湿度と音の相関関係(2年次)
 ◎ ポスター部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞並木中等科学研究部シロツメクサにおいて気孔開閉は
就眠運動機構に関与しているか?
全国高校総文祭出場へ
優秀賞水戸一高化学部金属の酸化によるアボガドロ定数の
ずれの利用と評価
化学部門で
全国高校総文祭出場へ
奨励賞並木中等科学研究部着色を用いずに特定の波長の光をカットする
 結果一覧.pdf
16:41 | 研究発表会
2019/08/29

令和元年度 夏の合同合宿を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
2019年8月2日から4日にかけて、毎年恒例の夏季研究大会および合同観測会(夏の合同合宿)を常陸大宮市山方のパークアルカディアで行いました。

 前半グループ 8月2日(金)-- 3日(土) 4校 21名参加
 後半グループ 8月3日(土)-- 4日(日) 12校 85名参加

 
会場の「パークアルカディア」

8月2日(金
 14:30 に前半グループが集合し、オリエンテーションの後、講演ワークショップを行いました。これは、少人数の科学講座のことで、生徒たちは自由に選んだ講座ごとに分かれてワークショップを行いました。

 17:00 より施設のプラネタリウムで、星空の案内とプラネタリウム鑑賞
 夕食後、19:00から夏の夜空の観測を行いました。

天体観測会で撮影した夜空

8月3日(土)
 この日は朝から快晴。暑かったため、予定をしていた太陽観測は中止しました。
 10:00にふもとの公民館に移動をし、後半グループが合流。
 10:30から、全体講演が行われました。
  演題:「様々な場面で活躍する身近な素粒子ミューオンと最先端の素粒子実験」
  講師:佐藤 優太郎 先生(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 研究員)
 
全体講演の様子


 午後から、参加校すべての代表者による部活動紹介を行い、全体で集合写真の撮影。ここで前半グループが解散しました。

全員で記念撮影

 後半グループがパークアルカディアに移動をし、講演ワークショップとプラネタリウム鑑賞を行い、夕食後に天体観測会を行いました。

8月4日(日)
 この日も朝から暑かったため、予定をしていた太陽観測は中止。9時に解散しました。
16:02 | 夏季合同合宿
2018/12/09

H30 冬季合同合宿を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
 一年の中で夜空が最も美しい12月に、恒例の冬季研究大会および天体観測会(冬季合同合宿)をプラトーさとみで行いました。

 前半グループ:平成30年12月7日(金)--8日(土),10校 80名参加
 後半グループ:平成30年12月8日(土)--9日(日),10校 83名参加

12月7日(金)
 午後3時30分に、前半グループ10校がプラトーさとみに集合。
 午後4時30分から、講演ワークショップ(少人数の科学講座)、午後5時30分から夏の星座などの観測を行いました。
 夕食後,2回目の天体観測(秋の星座など)→ 講演ワークショップ →3回目の天体観測(冬の星座など)を行い、深夜0時過ぎから観測ドームで観測を行いました。

会場となった「プラトーさとみ」

12月8日(土)
 午前8時30分から太陽観測をを行う予定でしたが、あいにくの曇り空のため、屋内で太陽についての講義を聴きました。
 午前10時に後半グループ10校がプラトーさとみに到着。
 昭和女子大学の田中眞奈子先生による全体講演「科学を用いて文化財を探る -- 制作技術の解明に向けて --」を聴きました。

昭和女子大学の田中眞奈子先生による文化財研究の講演

 午後から、生徒実行委員による生徒交流会(ミニゲーム)を行いました。

 午後2時30分に前半グループが解散。
 午後4時30分から後半グループによる天体観測と講演ワークショップを行いました。

12月9日(日)
 午前8時30分から太陽観測を行い、午前9時30分に解散しました。

参加者全員で記念撮影

20:21 | 冬季合同合宿
2018/08/05

H30 夏季合同合宿を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
今年も、恒例の夏季合同合宿(正式名称「夏季研究大会および天体観測会」)をパークアルカディアで実施しました。
茨城県内の県立・私立高校などから、下記の通り参加がありました。
 前半参加組;2018年8月3日(金)-- 4日(土) 11校 72名参加
 後半参加組;2018年8月4日(土)-- 5日(日) 10校 87名参加

8月3日(金)
 午後2時に前半参加組が集合。
 講演ワークショップ、プラネタリウム上映を行い、午後7時から天体観測会を行いました。
 天気が良く,きれいな星空を眺めることができました。

8月4日(土)

 この日は朝から快晴。朝食後、太陽観測を行いました。

 

 10時過ぎに、後半参加組が合流。「天文講演」が開かれ、谷口暁星先生(名古屋大学大学院 理学研究科 天体物理学研究室 研究員)による「電波天文学」の講演を聞きました。

 

 午後から、生徒実行委員会主催の生徒交流会が行われ、実委が考案した交流ゲームを楽しみました。

 14時に前半参加組が解散。
 16時から、後半参加組が講演ワークショップ、プラネタリウム鑑賞を行いました。
 19時からは、望遠鏡講習会が行われ、天体望遠鏡の使い方を学びました。その流れで22時頃まで天体観測会を行いました。

8月5日(日)
 この日あいにくの曇り空。太陽観測は中止となり、9時に解散しました。


13:56 | 夏季合同合宿
2017/12/15

平成29年度 冬季合同合宿を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
今年も、恒例の冬季合同合宿(正式名称「冬季研究大会および天体観測会」)を実施しました。
茨城県内の県立・私立高校などから、下記の通り参加がありました。
 前半参加組;2017年12月8日(金)-- 9日(土) 11校 93名参加
 後半参加組;2017年12月9日(土)-- 10日(日) 10校 60名参加

12月8日(金)
 午後3時に前半参加組が集合。
 あいにくの空模様で、夕方から雪を伴った吹雪に見舞われました。
 しかし、日付が変わった頃から空が晴れ、深夜1時過ぎから観測を開始しました。

12月9日(土)
 9日は朝から快晴。遠く富士山も眺めることができました。
 10時過ぎに、後半参加組が合流。実行委員会主催の生徒交流会が行われ、実委が考案した交流ゲームを楽しみました。
 13時から、「科学講演」が開かれ、大澤崇人先生(日本原子力研究開発機構 研究副主幹)による「はやぶさ」の講話を聞きました。
 14時に前半参加組が解散。
 16時から、後半参加組が天体観測会を行いました。
 19時からは、「スターキャッチコンテスト」。各高校が事前に作成した望遠鏡を使って、一定の時間内で、天体を望遠鏡に導入をしていく競技を行いました。

12月10日(日)
 この日も朝から快晴。午前8時から太陽観測を行い、10時に終了・解散しました。


19:42 | 冬季合同合宿
2016/08/04

2016ひろしま総文 出場結果

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
 7月28日から8月3日に、広島県で開催された「2016ひろしま総文」(第40回 全国高等学校 総合文化祭)において,自然科学部門に出場をした,土浦一高 物理研究部物理部門で優秀賞(第2位)を受賞しました。

 発表題目は「二次元方向でのメトロノームの同期  --- 多数物体での回転運動を探る ---」でした。
14:21 | 高総文祭
2015/12/12

H27 冬季合同合宿

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
平成27年12月4日(金)から6日(日)に、プラトーさとみ(常陸太田市里川町)で今年度の冬季合同合宿を行いました。

今回の合宿から、新たにスターキャッチコンテストという天体観測コンテストを始めました。
各高校の天文部で製作した自作の望遠鏡を使い、一定の時間内で、天体をいくつ導入できるかを競うコンテストです。


◎ 12月4日(金) 4校参加
順 位学 校 名備 考
1位日立一高
2位日立北高
3位水戸一高ファインダー不良
4位水城高望遠鏡未完成

◎ 12月5日(土) 7校参加
順 位学 校 名備 考
1位並木中等教育
2位土浦三高
3位土浦一高
4位取手一高
5位取手松陽高
6位緑岡高
7位水戸農業高
両日の条件が同じでは無かったため、お互いの優劣はつけられませんでしたが、両日ともに大いに盛り上がり、生徒たちが必死に天体を望遠鏡で追いかける姿が印象的でした。
17:38 | 冬季合同合宿
2014/11/01

平成26年度 研究発表会を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
水戸第二高校にて,平成26年度 茨城県高文連 自然科学部 研究発表会を実施しました。
茨城県内の高等学校・中等教育学校11校から,27点の研究作品が出展され,日頃の研究成果が発表されました。

午前中は,口頭発表。スライドを使って工夫を凝らしたプレゼンが行われました。
午後からは,写真のようなポスター発表のあと,中央大学名誉教授の松下貢先生による基調講演がありました。

 
 

審査の結果,次の通り受賞作品が決まりました。
各部門で最優秀賞を受賞した研究作品は,2015年7月,滋賀県で行われる,『第39回 全国高等学校総合文化祭 自然科学部門』に出展します。

■ 受賞研究作品一覧

 ◎ ポスター部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞土浦一高物理実験部振り子引き込み現象の解析全国高校総文祭出場へ
優秀賞並木中等科学研究部エチレンはどのようにカイワレダイコンの子葉を
カールさせるのか
生物部門で
全国高総文祭出場へ
奨励賞水戸一高化学部メイラード反応における窒素原子の影響

 ◎ 物理部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞土浦三高科学部振り子を振ってみました全国高校総文祭出場へ
優秀賞並木中等科学研究部リンケージ特有の図形融合を探る
 - 「変位表」の作成 -


 ◎ 化学部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞水戸二高数理科学同好会閉鎖系BZ反応の長時間挙動
 - Ferroin触媒の影響 -
全国高校総文祭出場へ
優秀賞水戸一高化学部メイラード反応における窒素原子の影響
奨励賞水戸一高化学部ミセル法を用いた有機ナノ蛍光体の作製

 ◎ 生物部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞並木中等科学研究部エチレンはどのようにカイワレダイコンの
子葉をカールさせるのか
全国高校総文祭出場へ
優秀賞並木中等科学研究部セイタカアワダチソウを利用した
生物農薬の研究II

奨励賞鉾田二高生物部セイタカアワダチソウのアレロパシーを
利用した天然の除草剤作り


 ◎ 地学部門
学 校部活動名研究題目備考
最優秀賞土浦三高科学部NewType太陽観測装置の開発全国高校総文祭出場へ
優秀賞水戸二高地学部オーロラ発生の研究
奨励賞境高科学部境町の洪水予測図作成と,そこから見えてきた
関東平野の台地の変動


20:30 | 研究発表会
2014/07/31

全国高総文祭 本県出場結果

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
2014年7月28日から30日にかけて,全国高校総合文化祭(いばらき総文2014)が本県を会場に行われました。

茨城県は会場県ということもあり,自然科学部門に8校から17件(物理4,化学4,生物3,地学3,ポスター3)の研究発表が出展され,そのうち5件が受賞しました。

■ 第38回 全国高校総合文化祭 自然科学部門 受賞研究作品一覧 (本県関連のみ)
部 門学 校部活動名研究題目
物理部門優秀賞土浦一高物理実験部振り子集団の描く模様の解析
生物部門優秀賞日立一高生物部津波の被害をのりこえたヒカリモの能力を探る研究
地学部門奨励賞水城高自然科学部茨城県産花崗岩の風化度合いと含有する
レアアースの関係について
ポスター部門奨励賞水戸二高数理科学同好会閉鎖系Belousov-Zhabotinsky反応の長時間挙動2
- 振動の解析 および Ferroin触媒の解離  -
奨励賞日立一高生物部ヒカリモの黄金色の膜が一年中見られる洞穴と
見られない洞穴
※ 全ての受賞校はこちら(PDF)
16:10 | 高総文祭
2013/12/23

H25 冬季合同合宿 報告(その3)

Tweet ThisSend to Facebook | by WEB担当
前半グループが帰宅の途についた後、今度は後半グループの学校(県北・水戸地区9校52名)がプラトーさとみにやってきました。
夕焼け空が美しく、富士山もシルエットが印象的でした。

 

この日も前日の同じ日程で、講演ワークショップを行いました。

  

夕食後、外に出て天体観測。
大変寒かったですが、満天の星空に生徒たちが感激していました。


17:32 | 冬季合同合宿
123

Copyright © 茨城県高等学校文化連盟 自然科学部 All Rights Reserved.